読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳、上京とアボカド。

何も残せないから、せめて駄文をつづることで世の中に髪の毛ほどの爪痕をのこす

きっと通知表には「もっと自己主張をしましょう」って書かれる

考えた

11月てのはかわいそうだなあ、と思うんです

 

この時期、街中を行けば

鈴や星がモミの木にぶらさげられ

トナカイが空を飛び、

サンタがいたるところにくくりつけられています

 

非常に、わくわくします

 

トイザらスのCMソングと、きらびやかなクリスマス装飾の街並みは

もはやDNAに刻み付けられている勢いでわくわくします

家でケーキを食べる程度で、

パーティをするわけでもないのにね

 

でも、少し立ち止まって考えたいんです

まだ、11月だよ

いつの間にかすっかり市民権を得たハロウィンのかぼちゃたちが片づけられたとたんに

街は一気にクリスマスです

 

11月のアイデンティティ、とは

 

いいとしだからわかるんですけど、

流行るイベントってのは商業的に売り出せるかどうかが重要ですよね

その点ハロウィンはよかった

わかりやすくかぼちゃというモチーフがあるから

お菓子も飾りも作りやすいし、

その年に流行っているアレコレの仮装グッズなんかも売れる

そういう意味で次に流行る…流行らせるのはイースターだそうですね

うさぎのモチーフに、たまご型のお菓子をどんどん売り出すんでしょう

バニーガールのかっこうのおねえさんが街中にあふれたら、少しだけゆかいです

 

でも今考えるべきは11月です

なにも思いつきません

霜月…六花亭の銘菓「霜だたみ」でも食べる日にしましょうか

なんて思いながらデパートに行ったら

今日は「いい夫婦の日」だそうです

語呂合わせ、その手があったか

それなら11月は「いい〇〇の日」を連発できます。やった

いわれてみれば「いい肉の日」なんてのもありますね。いいお肉食べたい

ともすれば明日は「いいにいさんの日」だ。

 

あ、勤労感謝の日