読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳、上京とアボカド。

何も残せないから、せめて駄文をつづることで世の中に髪の毛ほどの爪痕をのこす

胃の中にしあわせをつめて

洗濯物を干そうとベランダを開けたらあまりにいい天気だったので

でかけることにしました

 

わたしが普段でかけるときは

前の日から決めて、こころの準備と服の準備をして

当日余裕をもって家を出ることがほとんどなのですが

(それでも電車に乗り遅れたりするけど)

今日は急に、

「あ、パフェ食べに行こう」

と、思い立ちました

 

毎月パフェを食べる、という趣味に出会って3カ月ほど

楽しい楽しい義務です

 

急に思い立って準備をして駅にむかったらすぐに電車がきて

乗り換えようと思ったら、ちょっと遅れていた特別快速がすぐ目の前に

ぼんやりつり革につかまっていたら前の席に座っていた人が立ち上がって

座れちゃいました

中央特快なのに!

 

ちいさなちいさなことだけど、すべてがうまくいった、そんな日

 

そしてたどり着いたのは、

タカノフルーツパーラー池袋店です

2016年12月の池袋店限定のパフェ

「Xmas モンブランパフェ」様です

f:id:mellmayo:20161205222314j:image

 クリスマスが控えているせいか、

12月のパフェは、どこもかしこもベリーをたくさん用いたパフェが多いのですが

タカノの池袋店のクリスマスパフェは、ちょっと個性派で

栗がのっかっていました

いや、この栗が食べたくて池袋店に行ったのですけども

白いクリームは「カラメルマロンクリーム」だそうで、

正直、あんまり栗は感じなかったのですが

控え目なあまさと、上品な口どけで、とても好みのタイプでした

リースを模したビスケットに使われているナッツが

クリームとゼリーの間にも使われていて、食感も楽しく

クリームと混ぜて食べるとしょりしょりしました

イチゴも、栗も、洋ナシも、

どのフルーツもとてもジューシーでおいしかったです

f:id:mellmayo:20161205222327j:image

 トナカイもいたよ

 

そのあとは、サンシャインシティによりみち

ポケモン新作の発売を記念して、館内のいろいろなところにポケモンがいました

f:id:mellmayo:20161205222547j:image

ポケモンの新作の中では、この子が一番好きです。ミミッキュ

 

ミミッキュはゴーストタイプのポケモン

サンシャインシティは元巣鴨プリズン

巣鴨プリズンにたたずむゴーストタイプ…

そう考えるとちょっとこわいぞ

 

特別ではない、ただの一日を

思いつきでちょっとしあわせな日にできた

今日はとても意味のある日だったなあ、なんて

お風呂の中でうれしくなりました

たまに別の日付を開けるけども

アドベントカレンダーを買いました

f:id:mellmayo:20161129101837j:image

ちっちゃいんです。A5くらい

この中にチョコが25こ入ってます

もっと豪華なアドベントカレンダーだと、いろんな種類のお菓子が入っていて

毎日何がでてくるのか、ワクワクできるものもあるみたいですが、

これくらいのちっちゃいしあわせが、わたしにはぴったりです

 

クリスマスまでの間、朝食のあとに毎日1個ずつ食べます

朝って憂鬱なことが多い気がするんですけど、

これがある期間は「あ、がんばろ」って思える気がします

数字付きの小さな窓に、元気と勇気がちょっとだけつまっているのかな

 

小さいころは、サンタさんのまっしろな袋に

たくさんの夢とか希望がつまっていたけど、

いつの間にかサンタさんが来てくれなくなってしまったので

自分で用意しなくてはいけなくなりました

だけど、

どのアドベントカレンダーにしようかな、とか

悩むのは、そのこと自体がほんのりとしあわせです

 

おとなになってからじゃないと気が付けないしあわせっていうのもいいもんだな

家の前にちいさなちいさな雪だるまが飾られていたりしてほっこりする

11月なのに、東京なのに

雪です

 

札幌は10月の末には雪が降ることも珍しくないけれど、

東京では一大事なので、思わず実家の母に写真を送りました

結果きた返事が

「東京なのに」

そう、東京なのに。

 

わたしもですけど、雪の降る地域に住んでいると

「東京なのにもう雪降るんだ」とか、

「降ってるって言っても踏めば溶けるんでしょ?」とか、

「それくらいの雪なら走れるよね」なんて

つい言ってしまうんですよね

上から目線!

雪に慣れていることを誇る上から目線!

駅のペデストリアンデッキなんかでつるつるすべる人たちに

心の中でドヤ顔を決めてしまったり。ごめんなさい

北海道に台風が上陸したら、とてつもなく慌てるのに!

 

日本は縦に長いから、いろんな天候がありますけど、

札幌から東京に引っ越してきて思うのは、

暑さ寒さそれ自体よりも、湿度によってつらさが変わるってことです

気温30度だったとしても、湿度が50%ぐらいなら、

そんなにつらくないです(どうみん調べ)

でも、湿度が70%ぐらいから、肺の中までじっとりしけっている気がして

生きる気力を削がれます

気温13度くらいでも、湿度が50%もあれば

秋の服装(どうみん的に)で、まったく問題なく過ごせます

でも、湿度が30%ぐらいだと鼻の中の耐え難い乾燥にうろたえます

札幌ってのは、一年を通して比較的湿度が一定なのかもしれません

 

雪降る中、傘をさすということも、今一つ意味がわからなかったけど、

こっちの雪に遭遇してわかりました

服が濡れるんですね

いや、この意見のほうが意味わからないでしょうか

札幌の場合、雪はサラサラなので

家に入る前に、服や髪の毛をはらえば濡れないんです

それに、傘が凍ってぱりぱりになっちゃうし

 

寒いのは嫌いだけど、暑いのよりはマシだし、

鼻の頭に冷たさを感じながら外を歩くのは

考え事をするのに向いている気がする

 

今年一年の出来事や、

これからのこと

おいしかったあれこれについて思いをはせながら

じんわりと冬を受け入れて過ごしていきたいです